スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能勢YGの割り出し

能勢YGの割り出しを行いました。

種親は♂77.0mm×♀51.6mmです。
尊敬しているブリーダーの方から譲っていただいた期待のペアです。

4月5日にペアリング開始。
4月13日に解除して、約1ヶ月たちました。
菌糸カワラ材をコバエシャッターの中ケースにセットです。

結果は卵9の初令が12です。
上出来です。

気温の関係で少しセットが早いかなと思っていたですが、GW前あたりの気温上昇から
積極的に産卵活動が見られたようです。
GWあけてから割り出そうと判断したのが良かったみたいですね。
2本セットしてまだ1本しか割り出していませんので、もうちょっと取れそうです。

すべてのセットでこんな感じだと楽なんですけどね・・・。

それにしても1年で一番楽しみな時期ですね。
産卵の割り出しに、幼虫から成虫への羽化と。
期待と不安が入り交じり、1年の成果が現れて一喜一憂する時ですね。

まだ、自己ブリードとしては1年やっていませんので、今年は譲っていただいた成虫の産卵に
購入した幼虫の羽化になりますが、それでも期待する思いはあります。
お世話になっているショップから偶然にもメルリンカートさんの幼虫を6セット購入できました。
種親は80.5mm×49.5mmです。
最大体重は♂で28gが3頭、♀で13gが3頭と80mm、50mmには微妙な感じですが、今年は無事に羽化してくれればと思っています。
これが一年間自己ブリードした個体ならさらなる思いがあるんでしょうね。

次の割り出しは川西Gになりそうです。
メルリンギネス久留米はもう少し割り出しを伸ばします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。